【コラム】「一戸建て」を英語で言うと?海外で役立つ住宅知識!
初めて購入する人向け一戸建て購入知識
横浜エリア沿線沿いの相場TOP3
横浜でおすすめの一戸建てを販売している不動産会社
横浜でおすすめのマンションを販売している不動産会社
横浜でおすすめの土地を販売している不動産会社
  1. 【コラム】「一戸建て」を英語で言うと?海外で役立つ住宅知識!

海外で役立つ住宅知識

「一戸建て」英語で言えますか?

「一戸建て」英語で言えますか?

突然ですが、皆さんは「一戸建て」を英語で何と言うのか知っていますか?

正解は「house」です。

中学生の英語でも習う非常に簡単な単語ですが、聞かれてすぐに一戸建てとつなげてパッと答えられる方は多くないのではないでしょうか。 私は先日、海外に住む友人と話していてこの話題が出ました。

もし何かの転機で海外で家探しをすることになったら困りそうな勘違いは案外多いものです。友人も最初、海外に移り住んで家を探すときに日本で常識だと思っていたことがまるで通用しなくて大変苦労したと語っていました。

グローバル化が進む中で海外に住む方も増えていますから、せっかく住宅購入について勉強するなら海外の住宅知識も知っておいて損はありません。息抜きのつもりで見ていってください。

「3DK」は海外では通じない?日本と海外の表現の壁とは

日本で住宅を探す際、聞き慣れている「1LDK」や「3LDK」という表現があります。

どういう意味かと聞かれれば、当然こうなりますよね。

「L=Loom(部屋)」

「D=Dining(ダイニング)」

「K=Kitchen(キッチン)」

つまり「何部屋とダイニングとキッチン」のある住宅だ、と説明すると思います。

私も子供の頃、母に聞いたら同じように言われました。日本ではずっと昔から定着している表現なのです。

これを文章としたら次のようになるでしょう。

“3 rooms and living, dining, kitchen”

英語表現として違和感はありませんよね。ですがこの「LDK」、実は和製英語なので海外では通じません。

"I’m looking for a 3LDK apartment. "(3LDKのアパートを探しているんです)と言っても「3LDK?何のこと?」となってしまうのです。

それでは、海外では日本でいう「LDK」はどのように表現するかというと、

"3 bedroom apartment""3 bedroom house with beautiful garden"

となります。日本語に訳すと「寝室3部屋のマンション」「寝室3部屋の一戸建て、美しい庭つき」などです。

でもこれだけだとLDKにあたるリビング、ダイニング、キッチンがついているかどうかわからないと思ってしまいますよね。実は海外ではほとんどの家にリビングなどが最初からついているので、あえて書かなくても当然あるものとして考えられるんです。

海外在住からの伝授!絶対に使う英語表現【不動産編】

絶対に使う英語表現【不動産編】

最後に、私が友人から聞いた不動産に関わる英語表現で絶対に知っておいた方がいい、と言われたものをまとめておきたいと思います。

出張などで海外に行く機会も増えていますから、ビジネスでいらない誤解を招かないためにも基礎的な知識は頭の隅に置いておきましょう。

ちなみに、「家」と言われると「マイホーム」という言い方や歌の名前に使われることの多い「home」を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。しかしHouseとHomeには使い方に明確な違いがあります。

House ⇒ 建物(一戸建て)

Home ⇒ 住居(一戸建てに限らず、アパートやキャンピングカーも含む人が住む場所)

こういった違いを把握しておくだけでもコミュニケーションは格段に楽になるので、豆知識として覚えておくといいかもしれません。

House 家、一戸建ての家

Apartment(アメリカ英語) , Flat(イギリス英語) アパート

Condominium マンション Mansion 豪邸

Landlord / Landlady 大家

Deposit(アメリカ英語) , Bond(イギリス英語) 敷金